インドネシア! ①羽田さまよい人編

f:id:moon-sky-cielo-1902:20180518224359j:plain

羽田空港。朝9時くらい。チェックインの3時間前くらいに着く。時間に余裕はあったはずだった。ガルーダ・インドネシア航空のカウンターへと向かう。カウンターは一番端にあって少し歩かなければいけない。スーツケースを滑らせながら歩く。周りは日本から何処かへと向かう人で溢れている。この国から逃げ出したいのだろうか(賢明な選択だと思う)。ビジネス?それともこれからフライトでミッションを受け取るのだろうか。

僕は旅行のような研修のような目的でインドネシアへと旅立つ。詳細まで書くと僕が僕自身であることがわかってしまうため(分かったところで何の問題もないのだけれど)インドネシアでの出来事をいくつかピックアップして書いていこうと思う。

 カウンターに辿り着く。同じフライトに乗り合わせる人々が並んでいる。30人くらいは並んでいるかと思う。そのほとんどがインドネシア人だろうと思われる。日本人は3人位しか並んでいない。カウンター上のモニターに何かが表示されている。もしかしたら並んでいる人が、僕も含めて、全員がエージェントでIMFが経費削減の為に、「ええいめんどくさいや、これが今回のミッションだい!」と大っぴらにすることにしたのかもしれない。モニターを見る。

ガルーダ・インドネシア航空のフライト〜便は機材故障のため搭乗時間19時55分を予定しております。」

旅行にはトラブルが付き物だ。パスポートを取られまいとお腹の周りにグルグルとケースを巻いてみたり、それでも盗られたり、バスが時間通りに来ないとか、ホテルで温水が出ないとか。けれど、それらは到着してからのトラブルであって、旅立つ前のトラブルではないし、もちろん日本でのトラブルではない。しかし運悪く、今回の旅の最初のトラブルは日本・羽田空港から始まった。とりあえず待ってみる。アタフタしたところで何か変わるわけではないのだ。19時に出発するなら、それまで待とう。瞑想でもしてようか。

 するとガルーダ・インドネシア航空が(あるいはANAが)5000円の現金と2000分の羽田空港内で使える食事券をくれるようだ。特に物凄く急いでるとか、そういう訳ではないので、それらを受け取る。さてどうしよう。何かを買ったところで、こらから旅に出るのだから荷物を増やしたって仕方がない。何か食べたところで機内食が出るのだからいいや、と思い、とりあえずスーツケースを預け、空港内をふらふらする。

書店へと向かう。機内は暇だ。最近は席前方のモニターで映画やドラマを観ることができる。けれど、何しろ迫力がないし、ブルーライトに浸かっているような気がする。離陸して目を馴らすと何となく痛むのだ。だから最近は観ないことにしている。
本を読むことにした。いくつか本がバックパックの中に入っているけれど、5000円で何か買おうと思い立つ。古書店で中々見つからないような本がいい。雑誌は買ったところですぐ読み終わってしまう。文庫本を3冊購入する。伊右衛門のカフェに入り、インドネシアについてのガイドブックを読む。

 

インドネシア!②へ続く