『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』レビュー

 

シアターの明かりが付き、観客が席を立ち始める。誰も何も言わない。後片付けをして、シアターを後にする。まだ誰も何も言わない。この映画は、そういう作品だった。

 

*このレビューでは『アベンジャーズインフィニティ・ウォー』の内容に触れています。未鑑賞の方には、ブラウザバックを推奨します。

 

 

 

 

 

 

 

『アイアンマン』(2008)から始まった、マーベル・シネマティック・ユニバース(通称:MCU)は世界中の観客を魅了してきた。数々のヒーローの誕生、葛藤、絶望、希望などを描いてきた。『アベンジャーズ』(2012)ではマーベルを代表するヒーロー達がスクリーンに一挙に会し、エイリアンに立ち向かった。しかし『アベンジャーズ』の惨劇を起こしたパペティアがいた。その名はサノス。彼の存在がどういう影をMCUに及ぼすのだろうか。サノスの微笑みが脳裏に焼き付けられたまま観客は今日に至るまでマーベルのヒーロー達の行方を観てきた。MCUが広がるにつれ、少しづつだが、確実にサノスがどの様な野望を抱いているのかが明かされてきた。サノスの娘達、インフィニティ・ストーンの存在。『マイティ・ソー バトルロイヤル』のラスト、崩れ行くアスガルドから逃れたソーとロキの前に、巨大な宇宙戦艦が、サンクタムⅡが、現れた時に観客は「サノス」という存在が目前に迫っていることを知ったのだ。

 

MCUの集大成ともいえる今作。アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルク等のアベンジャーズ設立メンバーに加え、ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーの面々、スパイダーマンドクター・ストレンジ、ブラック・パンサー、ヴィジョン、スカーレット・ウィッチなどフェーズ2やフェーズ3で新たに現れたヒーロー達も加わり、銀河の均衡を保つという野望を持つサノスを止めようと奮闘する。

シビルウォー』でアベンジャーズは、ビートルズの様に”解散”した。正義の意味、平和の為に為すべき行動。ヒーローの数だけ、それぞれの正義がある。しかしサノスが地球に迫る中、彼らは今一度アッセンブルしなければならないのだ。

 

今回のヴィランであるサノスはどのキャラクターよりもバックグラウンドが描かれ、彼の一見、狂気に満ちた行動が正当化されている。人口が増えると、貧富の差が広がり、資源はなくなり、銀河のキャパシティーを超えてしまう。銀河を存続させる為には、均衡を保たなければならない。例え大きな犠牲を伴うとしても。サノスには愛するものがいることが明かされる。”娘”のガモーラだ。サノスは愛すべき者を失う哀しみから涙を流す。数多のヒーローと同じように。

サノスは優等生だ。極めてシンプルな理由から、彼自身が為すべきことを成そうとしている。「ほら、サノスを見習いなさい!サノスは自分のやるべき事をちゃんとやっているでしょ!それなのにあなたは何で…」

彼は果たしてヴィランなのだろうか、地球だけでなく全銀河にとっての「救世主」なのでは無いだろうか。彼自身、幾多もの犠牲の上に広がるのはユートピアであると語っている。アベンジャーズあるいはシールドが望むものは何であろうか。”平和”という名のユートピアなのではないだろうか。どれだけのヒーローが平和を求めただろう。ある者は自己を犠牲にし世界を救った。

しかし『エイジ・オブ・ウルトロン』でも描かれているように、その平和を望まんとする意思が、世界に争いを、カオス、復讐の精神をもたらした。アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー。彼らの行動は果たして論理性を持つものなのだろうか、アベンジャーズでさえも”理想主義者”の集まりではなかろうか。

それに対してサノスはどうだろうか。あらゆる星の子供達に澄んだ空を見せた。新たに誕生した子供達にこそ未来を託すべきであり、今存在している者達に未来を託すべきではない。貧しい者が飢えに苦しみ死んでいき、富める者が生き延びる。果たしてこれが平和であると言えるのだろうか。

均衡を保つためには、どちらかが偏りすぎてはいけない。バランスが必要である。しかし均衡を保つための天秤が、重りのせいで壊れかけていたら、その重りを誰かが軽くしてやるべきなのだ。銀河という名の天秤の均衡を保つためには、重りを軽くしなくてはならない。その重りを軽くする為に現れた救世主こそがサノス、その人なのだ。果たしてサノスはヴィランだろうか。彼こそが地球ないしは銀河を救う存在なのではないだろうか。アイアンマンを始め、ヒーロたちが成し遂げられなかったことを彼が成し遂げたのではないだろうか。

 

現在の、つまり2018年現在の、太陽系第三惑星「地球」をサノスのいう「均衡論」を展開するステージにしてみよう。

日本では少子高齢化が進行している。このまま進んでいけば若者1人が何人もの老人を金銭的に支えることになり、負担が増大化する。少子化高齢化が進むと、極端に言えば生が減少し、死が増大すると言い換えれるのではないだろうか。日本だけでなく、イタリアやドイツなど、あらゆる国で同じような状況が起こっている。国がなくなるかもしれない(仮に国というアイデンティティを重視していればの話だが)そういった不安感や焦燥感にかられ私たちは生きている。

中東では日々紛争が続き、罪のない一般市民が血を流している。ミサイルがいつ飛来するのだろう。明日は家族が隣で死んでいるかもしれない。自分でさえも死んでいるかもしれない。壁越しに聞こえる銃声の音、爆発音、煙の匂い。死が隣り合わせにある状況で生きてる。

自分たちエゴを満たしたいが環境資源が使われ、汚されている。海は黒く染まり、気温は上昇し、島が沈んでいく。

あらゆる種が絶滅し、「昔は角が生えているカバがいたの?」子供達にそう聞かれる日が来るかもしれない。
アフリカ大陸から押しずくめになり、ヨーロッパに向かうためボートになる人々。死体に溢れたボートが漂着することもあるそうだ。

この惑星の均衡は既に崩れている。天秤にはヒビが入り、重りを繋ぐ為の鎖はちぎれようとしている。

そんな時に、

 

「この指をスナップするだけで、人口の半分が無作為に消える。さすればこの惑星の寿命は永らえるだろう」
そう語る異星人が現れたらどうするだろうか。人間は貪欲な生き物だ。自分のためなら何でもする。
「お願いします、子孫の繁栄のためにも、是非ともその御指をスナップしてくださいまし」
スナップ!!
地球の総人口が半分になった。
あらゆる環境問題がなくなり、土地を求める紛争も無くなった。子供達は澄んだ空の下、未来に希望を抱く。

 

このシチュエーションは全くもってフィクションであり、理想論だ。なぜならいずれは人口が増えていき、資源を底を突くようになるだろう。あらゆる事象にはサイクルがあり、輪廻されていく。ん?
「なぜならいずれは人口が増えて生き、資源もそこを突くようになるだろう」?
そのような状況が再び繰り返されるならば、再び”メシア”の出現を待つしかないことになる。結局サノスの「均衡論」でさえも「理想論」なのではないだろうか。アベンジャーズの信じるものが「理想」だとすれば、サノスの展開する「均衡論」のコンシークエンスにも理想がつきまとう。すなわち「均衡論」でさえも「理想」なのだ。インフィニティ・ウォーは、何の「ウォー」なのか。理想対現実ではなく、アイディアリズム対アイディアリズムなのではなかろうか。

 

アベンジャーズは言う。「何としてでもサノスを止めなければならない」「このストーンを壊すんだ。さもないと手遅れになる。君しかいないんだ。頼む」
サノスは止めなければならない存在なのだろう。観客は『インフィニティ・ウォー』でサノスの危険性をヒーローたちから聞くことになる。しかし、そのヒーローたちの内、誰がサノスの行動を論理的に又正当な理由を持って止めようとしただろうか。

 

混沌の無いところには秩序は生まれない。破壊なければ創造なし。科学的な説にしても、宗教的な説にしても、宇宙の誕生以前にはカオスあるいは無が存在していた。カオスであるということは、即ちあらゆる思想や思惑が混じり合い秩序が無く、統一された見解や意見がない、つまり無の状態なのではなかろうか。
『インフィニティ・ウォー』でサノスは何をもたらしたか。喪失と哀しみ。ヒーロー、全銀河の半分の人口(異星人も含め)が消滅した。見方によればこの状態は混沌であり、秩序が訪れたという見方も可能だろう。サノスは無を創造したのかもしれない。

 

そして「サノスが無をもたらした」ことが意味するのはMCUがリブートされる可能性をもたらしたという事だ。マーベルの”語られるべき”物語には、幾多もの収入がおまけで付いてくる。それを分かっていても、語られるべき物語を、それがフィクションであり得ない事象だとしても、私達は知りたくなってしまう。

 

ハイル・マーベル。MCUに栄光あれ。


Thanos will return

 

 

wired.jp

gigazine.net