マインクラフト:空中のハイドアウト

f:id:moon-sky-cielo-1902:20180313071414j:image

久しぶりのマインクラフトの記事。

今回製作したのは”空中の家”。イメージとしては『オブリビオン』『トロン・レガシー』『ブレード・ランナー』『スタートレック』等の映画を参考にしています。 

*画像の読み込みに時間がかかる場合があります。

 

f:id:moon-sky-cielo-1902:20180312152013j:image

全体の外観。ブロックが置ける最大高度のブロック下に建築しています。遠くからだと、宇宙に彷徨うスペース・シップのように見えます。

 

f:id:moon-sky-cielo-1902:20180315173959j:image

構造としては、今のところ(いくらでも付け足すことが出来るので多分付け足します)メイン・ハウス、離着陸デック、プールの3つです。

 

f:id:moon-sky-cielo-1902:20180315174136j:image

まずはプールから。周りに囲いのないシンガポールのマリーナベイサンズの様な感じにしたかったのですが、マイクラ的に問題がありました。結構な高度にあるが故に水が凍ってしまうのです。仕方なく囲い、屋根を作ることにしました。ガラス張りにして開放感を出しています。

f:id:moon-sky-cielo-1902:20180315174413j:image

内装は上の様になっています。2マス分の深さがあり、その下には照明(シーランタン)を置いています。天井にもシーランタンを2列分設置しています。25mプールの設定。

 

次に、メイン・ハウス。

f:id:moon-sky-cielo-1902:20180315173959j:image

メイン・ハウスは1階と2階に分かれています。1階には特に何も置いていません。バルコニーの様な感じです。中央に丸石の階段が設置してあります。

 f:id:moon-sky-cielo-1902:20180315180804p:image

f:id:moon-sky-cielo-1902:20180315180749p:image

階段を上がるとこの様な空間が広がっています。イメージは『トロン・レガシー』のフリンの隠れ家です。階段を出て右手にはダイニング・テーブルと本棚。左手にはベッドがあります。

f:id:moon-sky-cielo-1902:20180315180722p:image

f:id:moon-sky-cielo-1902:20180315180726p:image

 

最後に離着陸デック。

 f:id:moon-sky-cielo-1902:20180315180849p:image

f:id:moon-sky-cielo-1902:20180315180854p:image

デックは円形で、このハイドアウト(隠れ家)に辿り着くまでのある乗り物が離着陸します。その乗り物の紹介は次回に。

 

f:id:moon-sky-cielo-1902:20180315181014p:image

空中のハイドアウト、いかがでしたか。未来的な雰囲気を出せたと思います。未だ紹介しきれていない部分もあるので、次回をお楽しみに。