ブログについての、5つの悩み

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170823024629p:plain

 ブログをしばらく書いていると、悩みの一つや二つは出てくる。なんやかんやで、このブログも開設してから、半年以上は経っている。肝心の悩みというのは、散々変えてきたブログのデザインやタイトルとかではなく、記事について。映画の感想記事、過去記事、『ジョーンズの日記』、書評、文体と語尾。この5つについての悩み。

 

1.映画の感想記事

 これについては、以前一つの記事にして書いたことがある。(映画のレビュー/評論について思うこと。 - 自然堂書房)この中で、自分はこう書いている。

目標としている映画レビューは「ネタバレをしないで、その映画の良さ・魅力を語り、この作品を観たいと読者の方が思ってくれるレビュー」だ。

 同じく、変わらない。けれど、それが難しい。あの作品に似ている、あの有名な作品のこのシーンと似ている場面がある。そんなことを言ったって、分からないものは分からない。そういう"映画通"みたいなレビューも、自分の理想ではない。

「ネタバレ」という言葉を入れないと、「どこが良かった」など良さを完璧に伝えることができない場合があるからだ。

 こうも書いているけれど、これは違うかな。凄い人はネタバレなんかなくたって感想をかけるし、作品に一切触れずに、自分の経験談を書く人もいる。そして鑑賞後に、その経験談を読むと、見事に作品のテーマやワンシーンにマッチしていることがある。そういう感想・レビューは心から凄いと感心してしまう。

映画の感想…難しい。

 

2.過去記事の整理

  ブログを書いていると、もちろん記事がたまってくる。何もしなくても、もちろんいいけれど、たまに見返すと、支離滅裂な文章だったり、画像が表示されていない場合がある。それに同じテーマで連載していた記事も、急に更新していなかったりする。ブロガー王(目指してない)になるためには、こういうことも怠ってはいけない。新たなカテゴリを作って、複数にまたがっていたカテゴリをまとめたり。よく分からない記事を消したり。徐々に過去記事の整理をしていきたい思う。

 

3.『ジョーンズの日記』

 ジョーンズの日記というのは、少し前から連載(?)している、"マインクラフトで語る小説"。「残された古い日記。裏表紙にはジョーンズとだけ署名されていた。ジョーンズとは一体誰なのか。彼に何があったのか。」あらすじを簡単に書くと、こんな感じ。何が悩みかというと、この記事を書くのが楽しいが故に、中々更新できない。そういう悩み。ストーリーラインだけ考えているのだけれど、ストーリーを考えるのに夢中になって肝心の文章が出来上がらない。今の所、シーズン4くらいまで構想中。

 

4.書評

 元々、映画の感想と書評のためのブログという予定だった、このブログ。日本に帰国したら、書評をバンバン投稿しようとしていたけれど、それほど書評は甘くない。どちらかといえば、映画の感想記事よりも書くのが難しい。読んではいるけれど、いざ記事にすると読み直したり、時間がかかる。1週間に1つや2つ、書評記事をあげたい。

 

5.文体と語尾

 文体と語尾。一番の悩みと言ってもいいかもしれない。ブログ開設当初、"ブログをスタートする人のための記事"を読んだ。そうしたら文体と語尾が大事だと言う。どんな文体で書くのか、語尾は「だ・である」がいいのか、「です・ます」がいいのか。まるで学校の先生から作文の指導を受けているみたいだ、なんて思いながら『「だ・である」の方がなんかいい』、と気分で決めてしまった。そうしたら、なんと「だ・である」にした分、文章が堅くなった。作文の指導はココに生きてくるのか。一時期「です・ます調」で書いてみたりもしたけれど、何か不自然に思えてリライトした。

 目標は、〈POPEYE〉という雑誌の文体。「〜だ」もあれば、「〜だからね」と、こちらに問いかけてくるような語尾の文章もある。気軽に読めるのに、深いこともシレッと挟んでくる。そう言う文章を書きたい。

 

 

 くよくよ悩んでいても仕方がない。とりあえず、昨日買った〈POPEYE〉の最新刊でも読もう。何か発見できるかもしれない。どうぞ、末長く『自然堂書房』をよろしくお願いします。

では。

magazineworld.jp

 

広告を非表示にする