"道標" 福山雅治

好きな唄がある。"道標"という唄だ。一言一言、噛み締めながら聴いてみてほしい。

愛に出逢い

愛を信じ

愛にやぶれて

愛を憎み

愛で赦し また愛を知る

風に吹かれ 迷いゆれて 生きるこの道

あなたの笑顔 それは道標

 道標。どんな道を辿ろうと、道を外れないように、誰かが置いてくれた道しるべがあるはずだ。その"誰か"が誰なのかは分からない。人それぞれだろう。もし道を外れてしまったとしても、迷ってしまったとしても、別のルートあるいは元の道に戻る道標を誰かが置いてくれているはずだ。自分の道が終わったとしても、その道はきっと誰かの道の一部となって続いていくはず。

私には、好きな唄がある。それは"道標"という唄だ。

道標

道標

 

広告を非表示にする