マイクラ日誌 #7:"Bonjour!" - ボンジュール

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170415054239p:plain

"Bonjour!" 「ベルの住む町再現プロジェクト」第2回(*写真が多いので、ロードに時間がかかる可能性があります)。前回はサバイバルモードの時の拠点を囲む家を作った。(後ろの写真で)ベルの後ろに見えている家がそうだ。見比べてみよう。

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170410231333p:plain

これが前回。

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170415055401p:plainこれが今回。

変更点としては:中心の梁を前に出して、立体感が出るようにした・1階部分を丸石にした・家の中に暖炉を作り、煙突も加えて作った・家の横に木を植えた・2階部分に窓をつけた。家に関しては、以上の5点。

周りの景色を見てもらえば分かると思うけれど、道も整備した。さらに土地の拡張が必要だと判断したところは、拡張した。では(今現在の)町の全景をご覧いただこう。

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170410225955p:plain

おっと。これは前回の町(村)の全景だった。本物はこちら。

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170415060644p:plain

以前の村と比べ、畑もなくなり、道を整備されたのが分かるだろうか。写真の左を東・右を西・下を南・上を北にして大体の町の役割というか、何があるかを説明していこう。

まず北西にあるのが、最初に紹介した「拠点を囲んだ家」。この北西地区は基本的に町人の家々。東に向かうに従って、花屋や酒場などになっていく。ほぼ中心のレンガ造りの場所は水場。洗濯をしたりする場所。イメージとしては、ディズニー実写版『美女と野獣』に出てくる水場だ。

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170415062036j:plain

その前の白い屋根の建物。これはバザーというのだろうか。テントをイメージしている。中はカボチャやスイカなど野菜、植物が売っている。

西に行くにつれ、家はなくなり、道を段々と整備されていない状態になる。そして森に入っていく。これが何を意味するか。『美女と野獣』ファンの方は察しただろうか。そう。野獣の城を建設する予定だ。町とはだいぶ離れた場所に、山々があるのでそこに作ろうかと思っている。お楽しみに。町にある家々の詳しい紹介は次に回すとして、町人になりきったつもりで町の風景をお楽しみ

下さい。

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170415063447p:plain

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170415063527p:plain

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170415063550p:plain

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170415063615p:plain

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170415063639p:plain

 いかがだったろうか。石橋を見つけた方もいるだろう。橋の向こうにも町を拡張する予定だ。そこには大きい農場や、ベルの家を作りたいと思っている。

ウェイン邸の建設は、少しお休みを頂いている。こちらのプロジェクトに力を入れているので、バットケイヴの公開はもう少し先になると思う。もしかしたら、忘れ去られてしまうかもしれない(僕自身に)。

では、"Bonjour!"

広告を非表示にする