足音。

アメリカの原子力空母が朝鮮半島に向け航行。これを聞いた。

正直僕は怖かった。本当の本当に戦争が起きてしまうのではないか。日本も巻き込まれてしまうのではないか。「まだ(戦争は)起こらないから大丈夫」とか「アメリカは本当に攻撃するつもりはなく、威嚇だけだ」とか。そういう問題ではなく、もっと感情的なことだ。家族が、友達が戦争に巻き込まれるのではいか。自分も徴兵されて、戦うことになるのではないか。

「将来〜になりたい」とかそういうことも言えなくなるのではないか。隣国で戦いが起きているのを見て、そのようなことを言えるのか。ブログを書くこともできなるかもしれない。日本が火の海に包まれてしまい、生きることに精一杯になる可能性もある。

戦争は起こらないかもしれない。けれど今回の報道は、これらのことを本当に考えさせられ、「怖い」そう初めて思った。

もう手遅れかもしれない。

ただひたすらに怖い。僕は今そう思っている。

広告を非表示にする