停電と一日の記録。

停電。スイッチをつけようとしてもつかず、日が落ちるのまでいそいそと行動する。今日の午後がそんな感じだった。ブログ記事の下書きを書こうとしたら、「インターネットに繋がっていません」の文字が。

ブラインドを開けていたので、窓から陽の光が差していて、電気をつけずとも部屋は明るかった。Wi-fiルーターをチェックする。しかし変化はない。まぁ、いいかと思い、お湯を沸かしにダイニングルームへ。電気をつけようとした。が、電気がつかない。どうしたものか。

どうやら風が強かったせいで、停電したらしい。インターネットは繋がらない。もちろんYoutubeで音楽を聴くこともできない。しかたがない。雑誌でも読もう。久しぶりに雑誌を読んだ。といっても何回か読み直しているので、大体の内容は分かる。"POPEYE"という雑誌だ。

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170408142124j:plain

"POPEYE"は何回読み直しても面白い。その服の値段だけを見て比べてたり、ページごとの記事の配置とか写真を見比べたり。内容ももちろんのこと、その雑誌自体が面白い。だから僕は"POPEYE"が好きだ。

で、一通り読み終わる。紅茶を飲もうたって、ケトルが使えないんだから仕方がない。明かりの消えた冷蔵庫の中から、ぬるくなってきた豆乳をコップに注ぐ。かろうじてiPodのバッテリーは80%くらいあったから、マインクラフトをした。何を作ったかは「マイクラ日誌」で。しばらくマイクラで遊んでいたかな。少し飽きてきたから、DVDでディズニーの『美女と野獣』を観た。「映画のはなし」でレビュー記事を書こうと思い、少しメモ。やっぱり3DCGアニメーションより、この辺のディズニーアニメーションの方がいいよね。温かみを感じる。

そろそろ日が沈み始めてきた。ろうそくがあったから火を付ける。たまにはこういう日があってもいいかも、なんて少し思った。電気をつけないで、陽の光に応じて生活する一日。原始的でいいじゃないか。時代に逆らっているみたいで。

広告を非表示にする