備忘録 #2:BOSEのワイヤレスヘッドホン

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170302104427j:plain

https://www.cnet.com/products/bose-quietcomfort-35/

 僕の今欲しいものを、リストアップしていくコラム【notes】。第2回目の今回紹介するのは、BOSEのワイヤレスヘッドホン。

Bose QuietComfort 35 wireless headphones 

 前回に引き続き、音楽関連の商品だ。まずこの商品に辿り着くまでの経緯を説明しよう。少し長くなるかもしれないので、目次を用意しておく。なぜ欲しいのかだけを知りたい方は目次の、上から4番目の所をクリックしていただきたい。

 

【辿り着くまでの経緯と、音楽と触れ合うまでの短い歴史】

中学に入るまでは、そこまで音楽を聴かなかった。家のCDプレイヤーで聴く。それもディズニーのショーとか映画のサントラとか。それくらい。しかし、中学に入り、友達と話すうちに、ディズニー以外の音楽にも興味を持ち始めた。その時に流行っていたのは「ボーカロイド」。今では有名な『千本桜』等から始まり、以前とは違う路線の音楽を聴き始めた(当時の僕はエルヴィスとかボウイ、マーク・ボランなどの素晴らしいアーティストに出会うよしもなかった)。学校帰りとかに聴きたい。そう思った僕はイヤホンを探しに、近所の家電量販店へ。

まだBOSEがいいとか、SONYがいいとかいう知識もなかったため、適当に商品説明を読みながら、数個選んだ。記憶の中にブックマークをしておいて、その時はとりあえずカタログを持ち帰り、帰宅。数日後、再び家電量販店へ。とりあえず選んでおいたイヤホンの中から、店員さんにどれが一番いいのか聞いた。今思うと、「どれが一番いい」かなんて、音楽の趣向と本人がどのタイプが好きかで、だいぶ違うのだから、店員さんには無理な質問をしてしまったなあ、と少し後悔。それで選んだのが、『SONY イヤホン MDR-XB70 : カナル型 ブラック』。

      f:id:moon-sky-cielo-1902:20170302112014j:plain

最初のイヤホンだから、当然音質はいいと感じる。なぜなら、他と比較のしようがないからだ。密閉型な上に、その時聴いていたボーカロイド特有の高音もしっかりと聴こえていた。このイヤホンは、しばらく使用していた。しかし中学3年の終盤くらいで、片耳のイヤホンが突然聴こえなくなってしまった。修理期間は、とうの昔に過ぎていたのでどうしようもない。僕は新しいイヤホンを探しに行った。

 

【2代目イヤホンもSONY

友達と出かけた際に、初めて秋葉原にあるヨドバシカメラへ。凄い、その一言だ。ゲームから何まで全てが揃いそうだ。色々なものに目を奪われながら、イヤホン・ヘッドホンコーナーへ。以前よりも、どのメーカーがいいか、というような知識は増えていた。そのくらいからBOSEに対する「憧れ」のようなものを感じ始めていた。なぜだかは分からない。何かの映画で、誰かがBOSEのイヤホンやヘッドホンを付けていたから憧れた。というわけでもなさそうだ。多分色々なサイトやカタログを見ているうちに、BOSEが格好良く見えてきたのだろう。そこでBOSEのイヤホンをチェックした。高かった。仕方がなく断念。ヘッドホンも一応チェック。高い。しかしその時に初めて、「ノイズキャンセリング機能」を知った。なんと魅力的な機能なのだ。そう感じた。しかし高いのはどうしようもないので、断念。

SONYのコーナーへ。高いのだけれど、BOSEほどではなかった。以前のイヤホンを見つけた。「安くなってる!」それも一万円くらい。セールだったのか知らないが、ショックを受けた。しょんぼりしていても致し方がないので、他の製品を見る。その時はボーカロイドをあまり聴かなくなっていた。今大好きな"Galileo Galilei"や家入レオMAN WITH A MISSIONなどメジャーな邦楽を聴くようになった。そうすると低音域・高音域が、丁度良くバランスのとれたイヤホンが必要だ。そして2代目イヤホンとして選んだのは、『SONY イヤホン h.ear in MDR-EX750 : ハイレゾ対応 カナル型 MDR-EX750』。

       f:id:moon-sky-cielo-1902:20170302144649j:plain

1代目のイヤホンよりも、確実に音質が良かった。高音域も低音域もバランスよくでる、望み通りのイヤホンだった。しかし、音質が良すぎて、Youtubeなどで音楽を聴くと、音質の問題で少し聴きづらくなることがあった。イヤホンに問題はない。曲自体の音質の問題だ。この時「だからハイレゾがあるのか」と気付いた。

しかしこのイヤホンは自分の管理が悪かったのか、短命に終わってしまった。耳に付けるゴムの部分が切れてしまったのと、コードが少しでも擦れたりすると、音が出なくなる。そのような事態が起こってしまったのだ。ゴムは替えがあったが、替えて数ヶ月たった後に再び切れてしまった。僕は3代目を探しに行った。

 

【3代目イヤホン、Ear Pods

今回も家電量販店へ。しかし2代目イヤホンを越えようとすると、どうしても値段が今までよりか高くなってしまう。 帰宅途中、僕は思い出した。ipod touchにイヤホンが付いていたではないかと。Apple社製のイヤホン、Ear Podsだ。付属のイヤホンでなんて聴くか!と変な意地を張っていた僕だが、仕方がないのでEar Pods を使用することに。

           f:id:moon-sky-cielo-1902:20170303081053j:plain

すると思ったより良かった。デザインはさすがApple。シンプルそのもの。形状も独特。耳にフィットする。音も低音が強調しすぎることなく、適度に響く低音という感じで、汎用性のあるイヤホンなのだ。2代目イヤホンがコードが原因で壊れてしまったため、その反省も生かして、ネットで「壊れないイヤホンコードの巻き方」などと検索した。が、何かしらが原因でコードが絡まってしまった。それも滅茶苦茶に。また新しいのかな。と思ったがその絡まりもほどきやすい上に、壊れてはいなかった。一回だけじゃ壊れないよ、という方。これは僕の不注意が原因で4回目くらいの「カラマリ事件」なのだ。そう、丈夫なのだ。今までのイヤホンコードが「絹ごし豆腐」なら、Ear Podsは「焼き豆腐」くらい。それにマイクも付いている。なかなか良いじゃないか。そう思った。そして今現在まで使用している。けれど少し気になることが。たまに耳が痛くなるのと、遮音性だ。それまでのイヤホンで耳が痛くなるということは、なかった。「耳の穴にフィットする」というのが裏目に出たのかもしれない。遮音性。これは最初から思っていたのだが、密閉型の初代・2代目イヤホンと比べて、遮音性が低い。周りの音が聴こえる。特に最近になりクラシック・ジャズを聴くようになった。そのような音楽の時に周りの音が聴こえてくると、少し嫌なのだ。そこで4代目を探しに。そして見つけたのが、今回紹介する僕の欲しいもの"Bose QuietComfort 35 wireless headphones"なのだ。

 

Bose QuietComfort 35 wireless headphones】

       f:id:moon-sky-cielo-1902:20170302145251j:plain

 4代目に希望するのは次の点だ。「外観」・「ブランド」・「機能性」・「Bluetooth」・「ヘッドホン」の5点。

まず「外観」:僕がイヤホンを選ぶ際に音質の他に重要視しているのが外観だ。骸骨の柄がついたものとか、"b"という文字がついたものは、購入しようと思わない。色も重要だ。シンプルが良い。このヘッドホンは、極めてシンプルだ。洗練されたデザインといった方がいいかもしれない。BOSEの字も写真で見る限りは、そこまで目立たない。目立つとしても、それはそれでいいのだが。

2点目の「ブランド」:僕はイヤホン、ヘッドホンについて調べるようになってから、ずっとBOSEに憧れを抱いていた。SONYでもいいのだが、BOSEは自分の中でそれをも超えるのだ。なぜだか分からないが良い。

3点目「機能性」:このヘッドホンには「ノイズキャンセリング機能」というものが付いていて、外部のノイズを測定。それに反応し、逆の信号でその音を打ち消すッ、といった(ジョジョのスタンド的な)特徴があるのだ。素晴らしい機能だ。密閉型のイヤホンでも限界はあった。Ear Podsはそもそも密閉型ではない。このヘッドホンは、それら全てを上回る機能を持っているのだ。

4点目「Bluetooth」:Bluetoothイヤホンを欲しいと今までは思わなかった。コードがあることで「聴いている」感覚というものが欲しかったのだ。しかし今までの経験から、コードはない方がいいと思うようになった。Bluetoothを使用すると、音質が落ちると言われているが、この商品のどのレビューを見ても、それにより音質が落ちた。というようなことは書いていない。さらに、欲しいという感情が湧き上がった。

5点目「ヘッドホン」:今まで使用していたものとの大きな違いは、「ヘッドホン」であるという点だ。今まではイヤホンを使用していた。しかしEar Podsで耳が痛くなる。ということが起こってから、次はイヤホンではなく、ヘッドホンにしようと思っていた。

これら5点の望みを組み合わせると、"Bose QuietComfort 35 wireless headphones"に辿り着いた。実際に購入するのは、多分今年の夏くらいになると思う。その時は商品レビューもしたい。もしこの商品を今使用しているという方がいたら、是非コメント欄にその感想などを書いて欲しい。

このヘッドホンをしながら、皇居の周りをランニングしたら気持ちだろうな。

www.bose.co.jp

広告を非表示にする