#29:革命前夜

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170224105450j:plain

今日の1曲は、ヴィクトル・ユゴーの名作を映画化した、2012年公開の『レ・ミゼラブル』から、"One Day More"。

           www.youtube.com

曲名:"One Day More"

歌手:Les Miserables Cast

 

映画『レ・ミゼラブル』の劇中で革命前夜に、全主要キャストが歌うこの曲。ヒュー・ジャックマン演じるジャン・ヴァルジャンラッセル・クロウ演じる警部のジャヴェール。革命前夜という緊迫した日を歌ったもので、それぞれの思いが歌われる。

序盤の弦楽器の優しい音色から始まり、徐々に楽器が増えていく。それは曲を奏でる人たちが増えるとともに並行している。それぞれの歌声は、途中で決して弱まることはなく、最後まで力強い歌声のまま奏でられる。

曲の3分の1くらいで、"One Day More!!"とジャン・ヴァルジャンが歌い始めると、登場人物の歌声が一気に重なる。それはまさに「革命前夜」の情景を思い起こさせるものとなっている。最後の最後に全キャストが同じフレーズを歌う。

Tomorrow we'll discover
What our God in Heaven has in store!
One more dawn
One more day
One day more! 

「明日には分かる。神の思いが。もう1晩。もう1日。もう1日だけ。」最後の最後で誰もが、革命も民衆であろうと、革命を鎮圧する側だろうと、同じ気持ちなのだ。変革を望む者、望まない者。そのような感情がこの曲には、胸が苦しくなるくらいに表現されている。

映画自体も素晴らしいので、コラム「映画のはなし」の中で紹介しようと思う。

以前、カラオケで友達とこの曲を歌った時、僕も彼も白熱してしまって、歌い終わったとに息が乱れた時がある。それくらい好きな歌だ。

広告を非表示にする