夢と目標の違いってなんだろう。

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170223155245j:plain

『夢』と『目標』の違いってなんだろう。

僕はこう思う。『夢』は、何か大きいもの。『目標』は達成することが可能で、それへの道のりがはっきりしているもの。抽象的な表現になってしまったので、具体例をあげよう。例えば「将来イタリアに住みたい」。これは『夢』だと思う。ただただ「イタリアに住みたい」と言っても、それまでの費用、時間などは考えずに言っていることがほとんどだ。しかし、「現在、イタリア語を学んでいるので、将来はイタリアに住みたい」こうなると、『目標』だと僕は思う。前者の例と違うのは、今の状況があってこその望みだ。「現在、イタリア語を学んでいる」ということは、それへの準備が出来ているということになる。つまり道のりがはっきりしているということだ。

『夢』『目標』。この2つの言葉で面白ことがある。親に将来のことを話すときだ。自分のなりたいものを『夢』として語った場合、受け入れる。しかし『目標』として語った場合には受け入れない。そういうことがあると思う。日本語って面白いなあ、そう思った。

『夢』をなくして、それらすべてを『目標』にする。不可能なことではないはずだ。だから今その『夢』を語るだけじゃなくて、具体的にプランを練り行動に移すことで『目標』にしていく。そういう人に僕はなりたい。

広告を非表示にする