『ブログ用ノート』を作った。

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170214105318j:plain

ブログを始めて1ヶ月と少しが経過した。記事を書くときは、パソコンの前に座って、思いついたことを書く。そういう風に書いていた。しかし新たな取り組みを始めた。それは「ブログ用ノート」を作ることだ。これを始めたら、ブログの記事作成において利点が多くあることに気がついた。それは3つある。

 

1つ目:何の記事にするかが尽きない。

つまりネタ切れがなくなる、ということだ。ブログ用ノートの作成した時、最初のページに思いつく限りの記事の仮タイトルを書いてみた。何のカテゴリにするかも加えて。今現在("TODAY's song"と"Nike+ Training"を除いて)書いてある仮タイトルは、合計で73タイトル。さすがに自分でも驚いてしまった。こんなに文字に起こしたいものが自分にはあるのかと。

 

2つ目:文章や構成がまとめやすい。

ページ上に仮のタイトルと何のカテゴリにするかを決める。そして記事の下書きを書いていく。言い忘れたがもちろん、紙のノートで鉛筆を使う。まずはとりあえず書く。書きたいことを書く。そうしたら、それを読み返す。内容がそのままでも分かる時もあるが、話が飛んだり、文末が同じになって、それが続いてしまったり。そのようなことが多いだろう。赤ペンでも青ペンでも何色でもいいが、書いた下書きに訂正を入れていく。僕は鉛筆がいいので、筆跡を濃いめにしている。「この文をここに持ってきた方が読みやすいのではないか」とか「この話は記事とは関係ないのではないか」など、読者の気持ちになって、自分なりに添削をしていく。もちろんこの作業はパソコンでも出来る。けれど何となく、実際に矢印などを書き込んだり、線を引いたりした方が楽しいのだ。少なくとも僕はそういう理由で、この作業をしている。

 

3つ目:目が疲れない。

添削や記事の作成には、どうしても長時間ディスプレイを見続けるのが不可欠だ。ブルーライトの対策をしていても、気分的に嫌だと思う時がある。紙のノート・鉛筆を使うことで目は疲れることがない。さらに字を「書く」ことができる。漢字が思い出せなかったり、自分の字が汚いなあなんて思ったり。そういうことも含めて字を「書く」ことなのではないかなと思うのだ。

 

一回ノートに書いて、それを写しながらタイピングをする、という二度手間ではあるかもしれない。しかしそれに値するものが「ブログ用ノート」を作成することで、得られるのではないか。そう僕は思う。ブロガーの皆様、『ブログ用ノート』是非作ってみては。。

広告を非表示にする