『蓄音機にDJを』:エレクトロスウィングの世界へ

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170212052534j:plain

 TODAY's songの記事で「エレクトロスウィング」というジャンルの曲を1曲紹介したのだが、より詳しく紹介していきたいと思う。僕もこのジャンルは最近知ったばかりだ。

日本語でなかなか「エレクトロスウィング」についての記事がないので、Wikipediaの"Electro swing"のページの翻訳とジャンルに該当する曲を紹介していく。

moon-fim2001.hatenablog.com

 

【エレクトロスウィング】

エレクトロスウィングは、スウィング・ジャズハウス・HIP-HOP・EDMとミックスさせた音楽ジャンル。現在音楽スタイルを取り入れながらも、古き良きスウィング・ジャズを感じさせるものがある。

1990年台半ばに「スウィングに影響されたヒップホップ」が人気を得たが、まだ「エレクトロスウィング」というジャンルとして確立されてはいなかった。人気を得た曲の例としては、

 

・Lucas Secon:"Lucas with the Lid Off"(1994)

www.youtube.com

 

・Doop:"Doop"(1994)

www.youtube.com

 

・Mr.Scruff:"Get a Move On"(1999)

www.youtube.com

 

・Jurrasic 5:"Swing Set"(2000)

www.youtube.com

 

・Gry and F.M Einheit:"Princess Crocodile"(2000)

www.youtube.com

 

・The Real Tuesday Weld:"Bathtime in Clerkenwell"(2003)

www.youtube.com

 

などが挙げられる。

Magnetic Magazineによると(2016年 4月)、エレクトロスウィングが流行り始めている・流行しているのは、フランス・ドイツ・オーストリア・イギリス・スイスなどのヨーロッパが中心であり、北米ではあまり流行の兆しは見られないという。

 

【最近のエレクトロスウィング】

      f:id:moon-sky-cielo-1902:20170212061608j:plain

最近のエレクトロスウィングについては、このページに詳しくまとめてある。

matome.naver.jp

 

【聴いたことがある曲もあるのでは?】

Doopの"Doop"は聴いたことがあるという人もいるのではないだろうか。番組のBGMやラジオで聴いたことがあるのかもしれない。「古きに新しく」という感じで、一回聴いただけだと、古い曲だと思ってしまうようなサウンドだ。曲によって同じ「エレクトロスウィング」でも印象が違くなっていて、とても面白いジャンルなのではないかと思う。このジャンルが日本に流行するのか。最近は「古いものが格好良い」というような風潮があると思うので、もしかしたら流行るかもしれない。

『エレクトロスウィング』の世界に足を踏み入れてみては。

 

参考:Electro swing - Wikipedia

広告を非表示にする