TODAY's song 12:一休さん

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170202083139j:plain

www.youtube.com

曲名:『一休さん

歌手:水曜日のカンパネラ

 

今日の1曲は、いろんな意味で比較対象となるものがない「水曜日のカンパネラ」から『一休さん』。

【水曜日のカンパネラとは】

2012年、夏。初のデモ音源「オズ」「空海」をYouTubeに配信し始動。
「水曜日のカンパネラ」の語源は、水曜日に打合せが多かったから・・・
と言う理由と、それ以外にも、様々な説がある。
当初グループを予定して名付けられていたが、現在ステージとしてはコムアイのみが担当。それ以降、ボーカルのコムアイを中心とした、暢気でマイペースな音楽や様々な活動がスタートしている。(公式サイトより)

 公式サイトの紹介から独特な水曜日のカンパネラ。

 

【『一休さん』について】

一休さん』はメジャー第一弾アルバム「SUPERMAN」の3曲目に収録されている。なおアルバム「SUPERMAN」は2月8日発売。曲名の『一休さん』はとんち話で有名な「一休さん」から取ったもの。「一休さん」は室町時代臨済宗大徳寺派の僧で詩人の一休宗純を元にした呼び名。一休宗純は、晩年にも実に奇抜な言動、行動をしたという。けれど今の言い方でいえば「ロック」。当時の時代の風潮・しきたりに逆らうが、自分の芯を持っているロックミュージシャンのような人だったらしい。幼少期のとんち話は、そのほとんどが後の作り話。晩年の一休の方がよほどパンクでロックな生き方をしている。この曲の「一休」は、幼少期の一休を元にしているようだ。「水曜日のカンパネラ」自体が一休宗純のようだけれど。

 

【曲とミュージックビデオについて思うこと】

ミュージックビデオの47秒あたりのコムアイさん(歌手の人)がブラウン管テレビに映り始めるところあたりからの「奴に常識など通じね〜」からのところがものすごく好きだ。少し舌ったらずな歌い方も好きだ。

1分14秒からの「話の流れは大体わかった〜」の場面の踊りなのだが、確実にマイケル・ジャクソンのパロディーだと思う。右手で指をスナップしながら前に進み、キメに腕をまっすぐあげる踊り。確実にマイケルだ。コムアイの服も"BAD"の時のマイケルに似てなくもないのかな、なんて思ったりする。

1回目に『一休さん』を聴いた。2回目。3回目。そのあたりから自然と脳内で『一休さん』が脳内ループしてくる。特に「虎虎虎、寺寺寺」の箇所が韻が完璧にあっていて、歩いている時に思わず、口ずさんでしまうほどだ。

 

真夜中にイヤホンで音量を上げて聴きたくなる『一休さん』。(いい意味で)とんでもない曲を作ったな、そんな印象だ。是非聴いてみては。

一休さん

一休さん

  • 水曜日のカンパネラ
  • J-Pop
  • ¥250

 

www.wed-camp.com

 

*曲とは関係ないが、ミュージックビデオ冒頭の男の人のナレーションが最高だ。

広告を非表示にする