都会から離れて #1:八丈島

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170201162304j:plain

都会は忙しい。SNS、ネット。写真をインスタグラムに投稿したり。そういうことで自分が疲れてしまうのは嫌だ。だから「都会から離れたい」。けれど、都会から仕事や学校などで離れることができない。そんな時に短期間で訪れられる場所を取り上げる。自分が訪れたい場所や行ってみたい場所。理由、きっかけ。そんなことを書いてみようと思う。

 八丈島に行ってみたい。

なぜ八丈島なのか。知ったきっかけは「安住紳一郎の日曜天国」というラジオ。そこで八丈島について調べた。

どこにいこうか。なにしようか。

海に行く?山に行く?おいしいもの食べる?温泉で癒されたい?

せっかくなら、温かくてきれいな海がいい。
深い自然と珍しい植物を楽しめる山がいい。
新鮮な海の幸と南国の果物も楽しみたい。
眺めのいい露天風呂なんて、最高の贅沢。

東京・羽田空港から太平洋に飛び立ち、わずか55分。
あるいは、東京湾竹芝桟橋から船に揺られて一晩。
南の海上287km、黒潮の中に姿を現す、ひょうたん形の島。
ここならば、すべてが揃って、あなたを待っている。
素朴であったかい地元の人々との、こころに残る交流だってある。
日帰りだって出来る。ゆっくり過ごすともっといい。
気軽に来て、どっぷり楽しめるのが、「東京都亜熱帯区」八丈島

八丈島観光協会公式サイトより)

 

       f:id:moon-sky-cielo-1902:20170201162828p:plain

伊豆諸島の中の一つ。地図で見たところ一番大きいようだ。大島よりも三宅島よりも大きい島だ。アクセスは空の便の直行便で50分。フェリーで10時間と少しくらい。空の便で行けば、それほど遠くないみたいだ。けれど風が強いらしく、ベテランのパイロットが操縦するほどらしい。日本の島というのは、修学旅行の時の沖縄以外訪れたことがない。なので行ってみたい。空と海に囲まれながら数日間過ごしたいなと思うのだ。SNSにも触れず、テレビにも触れず、音楽にも触れず。現代的な生活から離れたいのだ。最近、特にそのようなことを感じる。八丈島ならばその理想を叶えてくれるのではないかと思う。

実際に訪れるならば、夏休みの数日間になるだろう。一人でもいいのだが少し心細いので、心が休まる友人とゆっくり過ごしてみたいな、と思う。ダイビングやシュノーケリンングなどのレジャーをやりに行きたいわけではない。あまりそのようなことを好んではやらない。山に登ったり、ただ海を眺めたり。亜熱帯の森を散策してみたり。民俗資料館で島の歴史を知ったり。郷土料理や島のローカルな飲食店に行ったり。島のおばあちゃんやおじいちゃん達と話したり。

何でも八丈島は「明日葉」というものが名産品らしい。

      f:id:moon-sky-cielo-1902:20170201170755j:plain

       http://afatds5.rssing.com/chan-2709766/all_p37.htmlより

うどんや蕎麦、天ぷらにして食べるらしい。美味しそう。すごく美味しそう。健康にも良さそうだ。何度見ても、美味しそうにしか見えない。

夏休み中に都会から離れ、八丈島を訪れる。良さそうじゃないか。

それにしても最近やけに、夜にお腹が空くのはなぜだろう。

www.hachijo.gr.jp

八丈島/東京の観光公式サイトGO TOKYO

広告を非表示にする