いっそのこと、キッズ携帯にしてもいいじゃないか。:「SNS離れ」に対しての個人的な見解

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170129091758j:plain

SNS離れ」が増加していると、よく聞く。Twitterをアンインストールしたり、インスタグラムの投稿をやめてみたり。

僕はiPod touchを数年前から使用している。LineもTwitterもインスタグラムもその中に全て入っている。けれど最近になってLineの返信がおっくうになったり、Twitterをチェックしている自分に対して「なんて無駄な時間の使い方をしているんだ」と思うことがある。それを改善したいがために、以前の記事でも書いたが、iPod nanoを購入した。

moon-fim2001.hatenablog.com

 

iPod nanoを購入したが

購入後、音楽を一曲一曲深く聴くようになった。PodcastBBCのニュースを購読して聴くようになった。落語を聴くようになった。iPod touchを触ることも以前よりかは確かに少なくなった。ただしiPod nanoが動いている時は。というのもどのデバイスにも充電時間というものがある。iPod nanoをフル充電、出来ていないことが多く、その時はiPod touchで音楽を聴いてしまう。それはいいのだが、どうしてもWI-FIが繋がる場所であると何か検索したり、LINE・Twitter・インスタグラムを見てしまうのだ。

 

確かに便利だ

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170129085051j:plain

確かにLINEなどは便利だ。要件をすぐに伝えることができる。無料電話があるから、電話番号を教えなくても、相手に電話は可能だ。しかし長々と無駄話をしたり、会話を終わらすことができなくて、スタンプを送りあったり。会話を終わらそうとして、「既読無視」というものをやっても、そのあとにうやむやした気分になったり。そして極め付けは、LINEでしている会話を同じように直接相手と出来るのか。そのままのテンションで話せるのか。もちろん出来るという人もいるだろう。出来ないという人もいるだろう。スマートフォンやその他のデバイスを通しての会話など、とても「つまらない」。そう僕は思うのだ。僕自身もそのような経験がある。もの凄くつまらないではないだろうか。

 

ではどうすればいいのだろうか

時代の流れに逆らう意見かもしれないが言おう。昔はLINEはなかった。Twitterはなかった。インスタグラムもなかった。スマホもなかった。もちろんiPodもなかった。

その代わりあったものは何か。直接、相手の目を見ながらする会話。写真集。現像するまでの時間。レコード。素晴らしいものばかりだ。全て、「時間」が色んな形で感じられるものなのだ。

ではどうすればいいのか。僕はキッズケータイに変えたい。本気だ。キッズケータイとiPod nanoそれで全て事足りるのではないだろうか。小学生の頃、よく母親と連絡するためにキッズケータイを使っていた。ボタンは多くても6個くらいだ。もちろんインターネットは出来ない(キッズスマホなら違うと思うが)。LINEはできない。インスタグラム・Twitterが出来ない。不便だ。いや不便ではない。必要な時に必要な時に連絡できればいいのだ。種類豊富なアプリなど、よくよく考えてみれば不要なものだ。

それならば「キッズケータイ」でいいのではないのだろうか。

www.au.com

 

キッズケータイは言い過ぎかもしれない

大人なのにキッズケータイなんぞ持てるか。という人がいるかもしれない。公衆の面前で大人がおもむろに「キッズケータイ」で通話し始めたら、注目されるだろう。

それならば、機能が最低限な携帯を選べばいい。僕が欲しいなと思ったのは、この携帯だ。ソフトバンクの「301Z」。

www.softbank.jp

通話機能とメール機能を備えている。ウェブサービスは、なし。つまりインターネットは出来ないということだ。価格も安い。これでいいではないのだろうか。必要な機能は全て兼ね備えている。音楽が聴きたければ、iPod nanoを使えばいい。調べ物をしたければパソコンですればいい。その選択肢すらもやめて、図書館で調べるのもいいかもしれない。

 

人と人

僕はソフトバンクの"301Z"にしたい。もうSNSなどに時間を取られるのは嫌なのだ。本を読んだり、散歩をしたり、景色を見たり。写真に収めようとしないで、自分の目に焼き付ける。撮った写真をシェアしなくてはいけないのだろうか。自分の言葉で「自分の見た景色」を語れるのか。それだけの表現力があるのか。

残念ながら僕には、まだない。友達と学校で話して、次の日にまた話すことを楽しみにして次の日を待つ。LINEで話さないと駄目なのか。誰かにシェアして「いいね」をもらわなければ満足しないのか。

あくまでそれらはツールだ。そのツールが僕たちの「体験」というものをどんどん奪っていっているような気がする。ツールとしてそれらをコントロールできるならば、スマホでも全く問題はないと思う。僕はコントロールされてしまっている。ツールとして制御が出来ていない。

音楽を「聴く」、人と「話す」、景色を「みる」

それらが本当の意味で出来ているのだろうか。