アーティストから聴くか、曲から聴くか。

    f:id:moon-sky-cielo-1902:20170123143738j:plain

 

「聴き方」の種類についての個人的な見解

このアーティストはお気に入りだから、アルバムはすべて買い揃える。逆は駄目なのだろうか。「このアルバムの、この曲が好きだから、このアルバムを買う。」「この曲が好きだから、このアーティストの他の曲を聴いてみた。それも気に入った。だから他のアルバムも試聴して買ってみよう。」というように。

僕の周りにそのような人はなかなか見かけない。知らないだけかも知れないが、大体がそのバンドの誰々が好きだとか、アイドルの誰々が好きだとか。「この曲がいいよ」と紹介してくれる人は残念ながら、なかなかいない。「このアーティストがいいよ」と紹介してくる。それが悪いとは決して思ってはいない。他にも音楽の聴き方もあるのでは、と思ったのだ。

 

ラジオによる「聴き方」

僕自身も以前はその感じだった。アーティストから聴いていたのだ。しかし、それはラジオを聴き始めてから変わった。ラジオを聴いていると自然と音楽が流れてくる。日本のヒットソングが流れることもあれば、海外のアーティストによる曲。有名なアーティストの初期の作品などが流れることもある。

ラジオであると、お気に入りの曲が流れてくるとき以外に「誰々のなんの曲です」という紹介の時は大抵耳を傾けてはいない。何か他のことをしているからだ。けれどそんな時に自分にしっくりくる曲が聴こえてきたとする。それをSiriを使い、音楽を検索する。そして曲名とアーティストを知る。(iPod touchを持つ以前はポータブルラジオプレーヤーで、途中から録音していたりした。そういう時はどうしようもないので、曲を楽しむ。)この音楽の楽しみ方が「曲から聴く」というものではないかと思う。「アーティストから聴く」のではなく。

 

星野源

数日前に発見したのが、以前ポータブルラジオプレーヤーで録音した曲が星野源によるものだったということだ。Youtubeで色々みていて、聴いたら以前に聴いたことがある曲だったのだ。『Week End』と『桜の森』という2曲だ。この内の1つは特に覚えていた。なぜかというと一番目に録音したのが『桜の森』だったからだ。自分でもよく覚えていたなと思った。初めて録音したのが2年前くらいだったからだ。

www.youtube.com

⇧『桜の森』は、3分44秒から。

 

アーティストから聴くか、曲から聴くか。

もちろん僕の「聴き方」についての意見に否定的な人もいるだろう。しかし僕はなるべくこのような聴き方をしていきたいと思うのだ。まだまだ僕もこの聴き方には程遠い。けれど

A:「Bは、何をよく聴くんですか」

B:「好きなアーティストは特にいないけど、好きな曲はたくさんあるよ」

こんな風な答え方をしてみたいのだ。なんとなく、「このアーティストがいいんだよね」と語るよりも格好いい気がする。このブログ内で始めた"TODAY's song”もその一歩だ。アーティストについて語るよりも一曲一曲をよく聴き、その上で「この曲が好き」と言えるようになるために。

広告を非表示にする