マイクラ日誌 #7:"Bonjour!" - ボンジュール

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170415054239p:plain

"Bonjour!" 「ベルの住む町再現プロジェクト」第2回(*写真が多いので、ロードに時間がかかる可能性があります)。前回はサバイバルモードの時の拠点を囲む家を作った。(後ろの写真で)ベルの後ろに見えている家がそうだ。見比べてみよう。

続きを読む

30回噛んで読む

もっと読書をしようと思う。太宰治夏目漱石三島由紀夫川端康成。いわゆる文豪と呼ばれる人達。トルストイシェイクスピアH・G・ウェルズ。海外の著名な作家。彼らの書いた物語を読みたい。

続きを読む

6回目のデザイン変更をした理由。

ブログデザインを変更した。これで6回目だ。

その理由は集中して内容を読んでもらいたいからだ。サイドバーがあると、プロフィールや読者登録、Twitterのフォローボタン、カテゴリなどが表示される。「ブログ」としてはなくてはならないものだ。

続きを読む

#44:I Feel You

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170411202034j:plain

リドリー・スコット監督の『エイリアン コヴェナント』の予告編を観た方は、この曲は何だ。そう思うだろう。一気に引き込まれる世界観と、それを構築する女性の歌声。無機質に聞こえるのだけれど、どこか叙情的。この曲を歌っている人こそ、Melanie De Biasio(メラニー・デ・ビアサイオ)なのだ。ではその予告編をご堪能あれ。観て、聴いて、感じて欲しい。予告編で、これほど美しいと感じたのは初めてだ。

続きを読む

マイクラ日誌 #6:朝の風景

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170410220557p:plain

 今までウェイン邸を建設してきた。が、サバイバルもしたくなったので別ワールドを作成。しばらく「マイクラ日誌」には掲載しないで遊んでいた。

そして、先日『美女と野獣』を鑑賞して、マイクラでベルの住む町を作りたくなってしまった。クリエティブに変更。スキン(キャラクターの服装、顔などのこと)もベルに変更し作り始めた。

続きを読む

#17:『アシュラ』レビュー

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170407022413j:plain

人間とは。獣とは。人間を、人間たらしめる理由とは何なのか。生きるとは。そのようなものを、観客に迷いなく突きつけてくる作品『アシュラ』。

続きを読む

マイクラ日誌 #5:ウェイン邸の地下に何を作る。

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170214101033j:plain

ウェイン邸の建築を進めてきた。一度振り返ってみると、ウェイン邸を作り始めたのは「バットケイブ」のためだ。しかしウェイン邸の建築にだいぶ時間がかかりそうだ。でもバットケイブも作りたい。ということで、前に作ろうとした「バットバンカー」を作ることに。

続きを読む

停電と一日の記録。

停電。スイッチをつけようとしてもつかず、日が落ちるのまでいそいそと行動する。今日の午後がそんな感じだった。ブログ記事の下書きを書こうとしたら、「インターネットに繋がっていません」の文字が。

ブラインドを開けていたので、窓から陽の光が差していて、電気をつけずとも部屋は明るかった。Wi-fiルーターをチェックする。しかし変化はない。まぁ、いいかと思い、お湯を沸かしにダイニングルームへ。電気をつけようとした。が、電気がつかない。どうしたものか。

続きを読む

ブログアイコンの変更。

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170408152940j:plain

ブログアイコンを変更しました。

新アイコンは"Good morning, Good night"の頭文字2つ"GG"を表した、シンプルなアイコンです。正直「GU」のロゴに似ています。けれどGの先端の違いや色味の違い、グレーの四角の周りの細い白枠などに、注目していただければと思っています。

TwitterFacebookはてな。全てのアイコンをこのアイコンに統一しました。

これからもGood morning, Good nightをよろしくお願いします。

#43:バク

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170406141140j:plain

3月31日に水曜日のカンパネラから、『バク』のミュージックビデオが公開された。

丁度Twitterのタイムラインを見ていたら、『バク』のミュージックビデオが公開されたというので、Youtubeで観た。部屋を真っ暗にして。なぜならコムアイが「部屋を暗くして観るとおすすめ」とツイートしていたからだ。

続きを読む

本棚と本棚の間を歩く時。

本屋。図書室。図書館。これらの場所には、もちろん本棚がある。本を選ぶ時に本棚と本棚を歩く。その瞬間が僕は好きだ。自分の両脇に本が上から下まである時。その間を歩く時。本と本の隙間から、向こうの列の本も見える。たったそれだけ。それだけで落ち着く。

続きを読む

はてなブックマーク

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170404074321j:plain

今更なのですが、はてなブックマークでコメントを下さった方々がいることに気づきました!すみません。今一つずつチェックしています。過去にコメントを下さった方がいましたら申し訳ありませんm(_ _)m

これからはきちんとチェックしていきます。。