日記

 数ヶ月前から、日記を書き始めた。必ず書くのは、日付、曜日、起床時間と天気。例えば「○月○日○曜日 快晴。7時起床。」というような出だしだ。とりあえず朝起きてから、それらを書く。ゴム留めをほどき、表紙を開く。シャープペンシルの芯をカチカチと出す。そして書き始める。この一連の動作は、次第に自分の中で目覚めの合図となっていった。

続きを読む

ジョーンズの日記:1日目

 この本は、とある場所で発見された。表紙に埃はかぶり、紙は黄ばんでいる。裏表紙には、ジョーンズとだけ署名がされている。1日目、2日目などと書かれているので、日記かと思われる。各ページにはモノクロの写真が挟まっており、ジョーンズ氏が撮った可能性が高い。このジョーンズ氏が何者なのか。現在は何処にいるのか。日記を読み解きながら、解明していこうと思う。

 

1日目

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170627104206j:plain

ジャングルに到着した。木々が鬱蒼と茂っている。

続きを読む

備忘録 #8:イベント

 行きたいイベントがある。忘れないように、この記事を書く。今の所、2つだけだ。ディズニー・アート展と坂本龍馬展。「坂本龍馬展は、もう終わっているよ。」という人がいるかもしれない。だが、とある秘策があるのだ。

*行きたい展覧会/展示会を見つけ次第、更新。

続きを読む

#21:『ええじゃないか』感想

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170622172816j:plain

江戸幕府が崩壊に向かうその時、民衆は何を思い、どう生活していたのか。そんな光景が淡々と映されている。幕末劇にあるような、薩長土の志士たちを追うものでもなく、幕府を描くものでもなく。この『ええじゃないか』という作品は、あくまで、そのような時代に生きる"民衆"の物語である。

アメリカ帰りの庶民。金を稼ぐために、見世物小屋で商売をする女。利益を求め、あっちへついたり、こっちへついたりする商人。時代の流れに困惑する侍。彼らは、どう生きたのか。その様子が下品だと思うくらいに、淡々とリアルに描かれている。

 

続きを読む

怪物

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170621170907j:plain

この世には怪物がいる。

幾多もの人が、その怪物の犠牲となった。その犠牲者は今も年々増加している。それは人を狂気の沙汰に追い込む。しかし、その怪物は人の手によって生まれる。どのような容姿か、どのような"感情"を持っているか。人はその怪物を創造する。そして皮肉なことに、その怪物に飲み込まれてしまう。

続きを読む

龍馬伝:第1回『上士と下士』

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170619161649j:plain

2010年1月3日から同年11月28日まで、NHKにて放映された第49作大河ドラマ龍馬伝』。今回の感想は、第1回『上士と下士』。

続きを読む

"四ツ葉さがしの旅人" Single ーGalileo Galilei

Galileo Galilei の2ndシングルである、『四ツ葉さがしの旅人』。収録された3曲は、それぞれ違った顔も持つが、それぞれ、何処かに共通するものがある。そして相変わらずの爽やかな歌声と草原の真ん中で演奏しているようなサウンドは、聴く者を惹きつける。

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170613175250j:plain

続きを読む

無印良品が届ける、快適な睡眠:MUJI to Relax 

無印良品。シンプルなデザインと品質から、リピーターが多い。その無印良品が「睡眠」をデザインしたらどうなるのか。その答えとして、"MUJI to Relax"というアプリがある。きっと、あなたに快適な睡眠を届けてくれるだろう。

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170613041455j:plain

続きを読む

考察の海に溺れよ:the-Writerのブログ

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170610153424j:plain

情報の大海から選りすぐりのものを掻き集め、読者に届けてくれる。考察の波に溺れよ。このブログを例えるならば、そのような言葉がふさわしいだろうか。初めて紹介するブログは、the-Writerさんによる『the-Writerのブログ』。本当に素晴らしい構成で、読みやすい。是非ご一読いただきたい。

続きを読む

マイクラ日誌 #9:『海底二万マイル』の潜水艇

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170611092256j:plain

東京ディズニーシーに『海底二万マイル』というアトラクションがある。それに登場する潜水艇をマインクラフトで再現した。今回は単体だが、いずれアトラクションも再現したい。

続きを読む

『美女と野獣』からみる、ディズニーの「美への価値観」

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170602120806j:plain

エマ・ワトソン主演で実写化された、ディズニー『美女と野獣』。国内外問わず大ヒットとなった今作。アニメーション版から多少の変更点があるものの、根本的な教訓は変わっておらず、物語はこの教訓を軸として成り立っている。「外見ではなく、内面こそが本当の美しさ」であるという教訓だ。しかし物語の中には、ディズニーが古くから引きずる、「美への価値観」が見え隠れしている。

続きを読む

龍馬伝:序章

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170605112423j:plain

2010年1月3日から同年11月28日まで、NHKにて放映された第49作大河ドラマ龍馬伝』。薩長同盟大政奉還を支え、現代日本の礎を作ったとも言える坂本龍馬。彼は一体どのような人物であったのか。岩崎弥太郎の視点から語られる、日本人「坂本龍馬」。今日から、第1回から最終回である第48話までの感想を書いていこうと思う。今回は、感想に入る前の「序章」。『龍馬伝』との出会いや坂本龍馬についての思い出について書いていく。

続きを読む