#25:"The Breakfast Club" /『ブレックファスト・クラブ』感想

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170816014923j:plain

 『スパイダーマン:ホームカミング』がオマージュを受けた作品があるという。『ブレックファスト・クラブ』という作品。5人のティーンエイジャーが、それぞれに向き合う作品だ。鑑賞後、作品のテーマの深さに驚いた。ティーンエイジャーの映画だからといって、スルーしてはいけない。彼等はティーンエイジャーである前に、立派な一人の人間であることを忘れてはいけない。

続きを読む

世界報道写真展 2017

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170809102758j:plain

 8月6日。最終日に東京都写真美術館にて開催された『世界報道写真展』を訪れた。「変えられた運命」というフレーズ。大げさだと思った。しかし、それは間違いだった。展示されている写真に映されているのは、何かによって人生・運命を変えられた人々だ。命を落とした人の姿、動物の姿。日本に暮らしている我々には考えられないような境遇にある人々。その瞬間が、一つ一つの写真に捉えられている。「変えられた運命」、これ以上に世界報道写真展にふさわしいフレーズはないだろうと思う。

続きを読む

マイクラ日誌 #9:スチームパンク飛行船?(1)

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170807121837p:plain

 以前スチームパンク的な何かを作ろうと書いたきり(マイクラ日誌 #8:スチームパンク的な何か - 自然堂書房)、何も更新してなかったが、試しに一個作っていたのだ。作ろうとしたのは、飛行船。ガレオン船のような形をベースにエンジンを両側面につけることにした。形が出来上がったもの、「スチームパンクとは何だ」ということに行き着いてしまった。

続きを読む

COLESNE LO〈オニツカタイガー〉

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170801143140j:plain

新しい靴

 長い間履いてきたスニーカーが汚れてきた。お気に入りの靴で、どこへ行くにもこの靴を履いてきた。けれど、だんだんとパリッとした感じがなくなってきた。だから新しい靴を買うことにした。本当は、ブーツが良かったのだけれど、季節的に合わないので、スニーカー。次はどこのメーカーか。靴に詳しいわけでもないので、デザイン的に好きなVANSかオニツカタイガーの靴が欲しい。VANSを見たけれど、いまいちピンとくるものがなく、オニツカタイガーのスニーカーにした。

続きを読む

#24:『本能寺ホテル』感想

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170729230340j:plain

 不思議な作品だ。日本史史上最も有名な事件といっても過言ではない、"本能寺の変"。天正10年6月2日。天下統一を目前にし、織田信長明智光秀(とされている)の謀反により、襲撃された。信長は、寺に火を放ち自害した。その時、信長は何を思ったのか。彼は未来に何を残したのか。そういうことが、本作『本能寺ホテル』で描かれている。

続きを読む

"iPod nano"は、Appleなりの〈音楽の形〉なのかもしれない

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170117115543j:plain

iPod nano を購入した。

 随分と前から iPod touchの第5世代を愛用していたのだが、最近になって目がよく疲れるなと感じてきたのだ。SNSやアプリの使いすぎが原因なのだと思う。音楽を楽しむために買ったはずの iPod touchスマホの代わりのような存在にいつのまにか、なってしまっていたのだ。僕は、依存症かの様にスマホをすぐに取り出し、ゲームやネットを使う人にだけは、なりたくないと思っていた。しかし、いつの間にか同じ部類の人に自分がなってしまっていた。

続きを読む

ジャコメッティ展:国立美術館にて

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170724174734j:plain

 国立新美術館で開催されている『ジャコメッティ展』へ行った。ジャコメッティの作品、そしてもちろん彼のことは全く知らなかった。見るもの全てが初めてだった。感想はというと、「さっぱり分からない」。しかし、分からないなり考えた。すると、"人間が見た人間"、"樹"、"足"、"乳房と子宮"という4つの言葉が思い浮かんだ。

続きを読む

『思考力』外山滋比古:書評/感想

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170721195900j:plain

題名: 『思考力』

著者: 外山滋比古

出版: さくら舎

 

「知識偏重型社会」からの脱却 

 多くの名のある大学がグローバル化に本腰を入れ始めた。少人数制のクラスを導入し、教授は外国から招いた方。授業は教師からの一方的な講義ではなく、ディスカッション/ディベートを主とした授業。これらがなされているのは、個々の大学が世界の動きに合わせたためであろう。つまり「知識偏重型社会」からの脱却、「詰め込み式教育」からの脱却。本書では、まさにこれが述べられている。「知識偏重型社会」への警鐘・「思考」のすゝめ。4章に渡り、氏の半生も交えながら、"思考力"について語られる。

続きを読む

#23:"Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales" /『パイレーツ・オブ・カリビアン:最後の海賊』 感想

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170719101621j:plain

 2003年に公開された『呪われた海賊たち』を始まりとし、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズは、今作で5作目。さらに主演のジョニー・デップは、すべての作品において孤高の海賊ジャック・スパロウを演じている。しかも物語全てが"海賊の物語" 。これほど異色で最高な映画作品があるだろうか。そして『最後の海賊』。ハビエル・バルデムを"ヴィラン"サラザールに迎え、新キャストとしてブレントン・スウェイツ、カヤ・スコデラリオ。バルボッサとしてジェフリーラッシュ。そしてジャック・スパロウを演じるのは、もちろんジョニー・デップ。フィナーレとも噂された『パイレーツ・オブ・カリビアン:最後の海賊』。今回はその感想だ。

続きを読む

「自然堂」:変更のご報告と今後

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170716180437j:plain

 これで何度目になるか分かりませんが、アカウント名・ブログ名・アイコンの変更を行います。以前は、Jonathanというアカウント名・「ジョナサンの書房」というブログ名・カモメのアイコンでしたが、その全てを変更します。

 

アカウント名(ブログ、Twitter共通):自然堂

ブログ名:自然堂書房

アイコン(ブログ、Twitter共通):

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170716165728j:plain

 

続きを読む

帰国しました。

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170701232136j:plain

おはようございます。

 昨日の正午過ぎに日本に戻ってまいりました。カナダ・トロントから日本(羽田)までは約12時間ほどかかります。時差ボケを一刻も早く治すべく、機内では一睡もしませんでした。かといって、映画を何本も観ていたわけでもなく(二本観ました)。ぼうっとしたり、これからについて考えていたりしました。しかし"なぜ帰国するのが怖いのか"に対しての答えは思いつきません。

 まだ自分の部屋に机もタンスもなにもない、スッカラカンの状態です。この記事も、パソコンを無印良品のトタンボックスの上に置いて書いています。これから部屋の整理などやることがたくさんありますので、記事の投稿には少し時間が空いてしまうと思います。

 とりあえず無事に帰国することが出来て、一安心しています。読者の皆様、これからもこのブログをどうぞよろしくお願い致します。

 

追伸 帰国したので、ブログ名(ブログアイコンも)をまた変更しようかと思います。何か漢字を使いたいなと思っております。変更の際は、おって報告させていただきます。

"FILM CAFE"で昼食を。@トロント

f:id:moon-sky-cielo-1902:20170711142532j:plain

 カナダ/トロントに"ケンジントン・マーケット"という場所がある。そこには、古着屋やお洒落な雰囲気のカフェなどが立ち並んでおり、東京でいう、下北沢のような場所だ。そのケンジントン・マーケットの交差点の一角に、あるカフェが新しく出来た。その名も"FILM CAFE"。どのような場所なのだろうか。丁度昼食どきだったので、店内に入ってみた。

続きを読む